婚前調査と素行調査の違い

MENU

婚前調査と、よく知られる素行調査の違いとは?

婚前調査というのは基本的に結婚したい相手がいる場合に

 

相手の過去や現在の状況などを探偵や興信所に依頼して調べてもらうことを言いますが、

 

婚前調査をする人は以前に比べると増えている傾向にあります。

 

 

結婚は一生一大のイベントであることに加えて、最近はインターネットが普及していることもあり、

 

過去にトラブルを起こしたことがある場合はインターネットで一生にわたって名前が醸されるリスクを考えると、

 

そのような相手と結婚するにはリスクも少々高すぎます。

 

 

婚前調査を依頼する場合は探偵や興信所に依頼して調べてもらうのが一般的となっていますが、

 

この場合は費用がかかってくるものの自分が知りたい情報を調べてもらうことができるので気持ちの面ではかなりすっきりします。

 

 

婚前調査と素行調査の違いについて

 

 

素行調査は相手の平素の行動を調べることを言い、

 

過去の事を特に調べるということはありませんが、

 

婚前調査については平素の状態に加えて過去の事も調べます

 

 

 

婚前になるので結婚を前提として調べるということも婚前調査の特徴になっていますが、

 

いずれの場合もプロに依頼する場合は自分が調べる場合に比べると成功率は高くなります。

 

 

 

また、婚前調査を検討している場合は

 

必ず信頼できる探偵や興信所を探して相談をして予算を出してもらうことが大切で、

 

悪質な業者や実績がない業者に依頼してしまうと失敗してしまうリスクもそれだけ高くなってしまうため注意する必要があります。