婚約者の過去の病気歴や入院歴

MENU

婚約者の過去の病気歴や入院歴|身体の健康状態

婚前調査を依頼して調べてもらう場合に意外と多いのが病気歴を調べてもらうケースですが、今は元気でも昔の病気を調べてもらうのは再発リスクがあることや遺伝性が高い病気ではないか調べることが理由として大きくなっています。

 

通常であれば過去に病気をしていても結婚するくらいの関係性であればそのことを何らかの形で伝えていることが多いのですが、それをしてないということは相手に知られては困るような重大な疾患が過去にあったことも想定されます。

 

特に遺伝的な要因が大きい病気については結婚をして子供ができた場合に子供に影響が出てくる可能性もあるので、そのリスクを考えると婚前調査によって病気歴が発覚した場合に病気の種類によっては結婚を辞める理由の一つには大いになり得るわけです。

 

過去の病気歴については婚前調査の中でも比較的依頼が多い案件になっているのですが、医療に関することになるので調査には時間がかかる場合もあるので無料相談を利用する際には時間や費用の概要についての説明もきちんと受けておくようにしましょう。

 

また、自分が調査を依頼しているように相手も自分のことを秘密裏に調査している可能性も十分に考えられるわけなので、過去に秘密がある場合は病気歴のことだけでなく包み隠さず話しておくことも大切です。

 

調査の効率性については実績がある探偵や興信所ほど高い特徴があるので、信頼できるところに依頼するというのもポイントの一つになってきます。