結婚相手の学歴詐称や職歴詐称

MENU

学歴詐称や職歴詐称は結婚相手(婚約者。お見合い相手)は大丈夫?

学歴詐称や職歴詐称がニュースになって久しいですが、自分をよく見せるために学歴や職歴を偽るというのは一般の人でも少なくないケースであり、最初はすぐに関係が終わるかもしれないという気持ちや嘘が知られることはないなどの自信からついつい詐称に走る場合がほとんどです。

 

しかし、学歴や職歴を最初に偽ってしまったせいで関係が深くなってから本当のことを言いだす機会が無くなってしまい、相手のことを好きになれば好きになるほど余計に言い出すことはできなくなります。

 

一方で学歴や職歴詐称をされて気付いてない側は学歴や職歴に対して惹かれて好きになっている部分も少なからずある場合が多いので、学歴や職歴を詐称されていた場合はそれだけで興ざめしてしまうことも考えられます。

 

恋愛関係であればカップルの関係を解消することで問題解決ができますが、これが結婚した後だと信頼関係が崩れて離婚という流れになることも想定されるので、詐称されている側はたまったものではありません。

 

このようなリスクに備えるという意味で探偵や興信所に依頼して婚前調査を依頼する場合もありますが、学歴や職歴については婚前調査の中でも意外と調査が簡単なのですぐに結果が出ることもあります。

 

問題は婚前調査の結果が出て詐称が発覚した場合の対応で、相手に証拠を突きだして攻める方法やあえて触れずに別れるという方向に持って行くなどさまざまな対応方法があるので相手との関係性などからも考えていくようにしましょう。

 

個人的にショックだったのは、ショーンKさん。

 

テンプル大学を卒業してハーバード大、ソルボンヌ大学で学び、ハーフで。。。。

 

ショーン・マクアドル・川上さんの本名は川上伸一郎さんで、、、
ビジネスネームがショーン・マクアードル川上(Sean McArdle Kawakami)。